公開: →更新:

医師の転職成功のポイント-失敗しないための3つの注意点と対策

医師転職成功のポイント

◎「転職に失敗したくない」医師が注意すべきポイント

当ブログをご覧の医師の方の中には「今の病院や医局を辞めて転職したい」と感じている方もおられると思います。

ただ、転職の希望はあっても「転職に失敗するのが不安」等の理由でなかなか実行に移すまではいかない方も多いのではないでしょうか。

ちなみに僕自身は入局後約5年で退局したのですが、現在の勤務先に移る際はやはり「転職に失敗しないだろうか」等と迷うこともありました。

このページではそうした僕自身の体験も踏まえて、医師の転職を「成功させるためのポイント」や「失敗しないための注意点や対策」等についてまとめています。

転職を検討している医師の方にとっては参考になると思うので、是非ご覧になってみてください。

◎医師の転職成功のポイントその1:転職や退局の「確固とした意思」を持つ

医局での話し合い

医師が転職する際には、現在の勤務先の上司(教授や医局長等)にいずれかの時点で「病院を辞めたい」と表明する必要があります。

その際に上司から「今すぐ辞めるのではなくもうちょっと待ってもらえないか」等と引き留めにあうことも少なくないでしょう。

どこの病院も基本的に医師不足ですからね。

ただ、引き留めにあった際に「やっぱり辞めずに残ろうかな…いややっぱり辞めようか…」とぐだぐだになってしまう事態は避けるべきでしょう。

そもそも転職を考えるということは今の勤務環境に何かしら不満等があるということなので、その不満が何ら解消されないまま働き続けるというのはお勧めできません

よって、医師の転職を成功させる上でまず大事なポイントは「辞める」という確固とした意思を持っておくことだと思います。

少なくとも教授等との正式な話し合いに臨む段階では「辞める」という意思が揺らがないようによく考えておくべきでしょう。

(*正式に「辞める」と表明する前に「最近仕事が辛いんです」等と軽いジャブ程度に意思表示をしておくのは良いかもしれません)

逆に、引き留めの際に「ポストを準備する」「留学を認める」等の何らかの待遇改善の申し出があり、その待遇に自身が納得できるなら転職せずに残るのも良いでしょう。

◎医師の転職成功のポイントその2:転職する上で「譲れない条件」をはっきりさせる

医師の転職の際の妥協

医師の転職を成功させるための第2のポイントとしては、自身が転職する上で「譲れない条件は何か」ということをはっきりさせておくことです。

これは現在の勤務先を辞める際にも考えるべきポイントですが、新たな勤務先を探したり、先方と面談したりする上でも非常に重要となります。

はっきり言って、何もかも理想通りの勤務先というのはまず見つからないでしょう。何かの希望を叶えるためには何かしら妥協することも必要になってきます。

その際に「何は妥協できて、何は妥協できないか」すなわち「転職する上で譲れない条件は何か」が明確であれば、病院側との交渉もうまくいきやすいでしょう。

転職を検討している医師の方が感じる現在の勤務先への不満の原因となっているものは「給与面」や「人間関係」、「その施設で経験できる症例数」等、人それぞれだと思います。

転職で失敗したくない」とお考えの医師の方は、転職で「現状の何を最も変えたいのか」「何を求めて転職するのか」を改めて振り返ってみてください。

◎医師の転職成功のポイントその3:医師の転職の「相場」を知っておく

転職する医師の市場価値

医師の転職を成功させるための3つ目のポイントは「医師転職の相場を知っておく」ということです。

例えば医師の年収で言えば、診療科や経験年数、地域性等によってある程度の相場(市場価値)は決まってきます。

「どうせ転職するなら年収も大幅アップさせたい」と思われるかもしれませんが、相場から大きく外れた条件で医師を雇ってくれる病院はそうありません。

ある程度は「応相談」という形で医師の求める条件をきいてくれるかもしれませんが、「勤務時間は現在の半分で、年収は倍」等と無茶な言い分は通らないでしょう。

勿論、病院側が「それでもこの医師に来て欲しい」と思うのであれば交渉成立となるでしょうが、それはよっぽど替えのきかない人材に限られるはずです。

もし転職を希望する医師の方が「相場より極端に高待遇」を求めるなら、「この医師にはそれだけ高給を払う価値がある」と病院側を納得させるだけの材料が必要です。

いずれにせよ、転職の相場をある程度知っておくとこちらが無理を言い過ぎて印象を悪くしたり、逆に向こうが提示した極端に不利な条件を呑んだりといったことを避けられるでしょう。

◎医師の転職には「医師転職サイト」の利用がおすすめ!

医師の就職先を探す方法

医師の転職を成功させるために重要なポイントを書いてきましたが、実際に転職する際には「医師転職サイト」を利用すると役立ちます。

医師転職サイトには医師の求人情報等が数多く掲載されており、転職先を選んだり相場を調べたりするのに非常に便利です。

また、「エージェント」や「コンシェルジュ」等と呼ばれる専任のスタッフ医師の転職をサポート(病院との面談や待遇面の交渉等)してくれるのも心強いです。

医師転職サイトの利用は無料で、現時点で転職の意思が決まっていなくても登録や利用は可能です。

なので、転職を検討している医師の方はまずは登録して必要な情報を集めてみてください。

医師転職サイトは数多くありますが、業界最大手(登録医師数20万人以上、転職希望医師の登録実績7年連続1位)の「エムスリーキャリア」等がおすすめです!

公式サイト→エムスリーキャリアエージェント

◎おわりに

医師の転職を「成功させるためのポイント」や「失敗しないための注意点や対策」等についてまとめてみました。

転職を検討している医師の方は医師転職サイトの中でも業界最大手の「エムスリーキャリアエージェント」の利用もお勧めです!

なお、「円満に退局したい」という方や「医師転職サイトについてもっと知りたい」という方は下の記事も参考にしてみてくださいね!

医局の辞め方マニュアル-医師の転職の方法や注意点-

医師転職サイト毎の強みを比較-円満退局した医師のおすすめは?