公開: →更新:

医師の運動不足解消にお勧め!今日からできる簡単な方法とは?

医師の運動不足解消

◎医師が実践中の運動不足解消の方法を解説!

当ブログをご覧の医師の方は定期的に運動をされていますか?日々の仕事に忙殺され、「運動不足が続いている」という方も多いのではないでしょうか。

かく言う自分も、大学では運動部だったものの卒業後は定期的な運動習慣がないまま10年以上が経過してしまっていました…

体重や体型はそんなに変わっていません(多分)が、筋力や体力は確実に低下しています。

日々の診療で患者さんには「運動しましょうね」等と説いたりしておきながら、本人はこの体たらく。「医者の不養生」って奴ですね。

医師にお勧めの運動

しかし、最近とある健康に関する研修を受けたこともあり、「これではいかん」と一念発起して、最近定期的に運動を始めてみました!

その結果、今の所1カ月は毎日ほぼ休まず行えています。

これはもう習慣となったと言って良いでしょう!(まだ早い?)

ともあれ、当ページでは医師である自分が実際に行ってみてお勧めの運動不足解消法についてまとめています。

数分で読み終わると思うので、運動不足に悩んでいる医師の方は是非読んで参考にしてください!

◎医師に適した運動は?運動を始める前に考慮したこと

医師にお勧めのウォーキング

運動」と一口に言ってもその種類は数多くあります。一般的にはウォーキング(ランニング)や水泳、ジムでの運動等が人気のようですね。

どんな運動をするかは個人の好みで選べば良いと思いますが、参考までに自分がどの運動を行うかを決める際に考慮したポイントを記しておきます。

大まかに言うと、「なるべく時間をとられず、やりたい時に手軽にできる運動」です。以下にもう少し具体的に書いていきます。

◎忙しい日々の中、医師が運動のために割ける時間は少ない

医師と言うのはとにかく忙しい方が多いですよね。

多忙な医師にお勧めの運動

僕自身は仕事はそうでもないですが、育児中で子供に手を取られることもあり、「日々の生活の中で運動に割ける時間」は多くありません。

また、「子供が小さい内はなるべく早く寝かせてあげたい」との思いから、日々5分でも早く寝かしつけられるように夫婦で気を配っています。

そんな分刻み(?)の生活の中で「ちょっと30分ウォーキングして来るわ」と言うのは…厳しいものがあります(ジムに出かける、等も同様)

なお、健康に良いとされる1日の歩数の目安は8000~1万歩程度のようですが、人によっては病院内の移動をエレベーター→階段にするだけでも大分歩数が稼げるかもしれません。

または、通勤の際の乗車駅を変えて一駅分くらい歩いてみるとか。

ただ、自分がいる今の病院は階をまたぐ移動が少なく、通勤も車一択なので、ウォーキングは個人的に今回は不採用としました。

◎エアロバイクは良さそうだけど…

医師にお勧めのエアロバイク

エアロバイクを買ってテレビでも見ながらの「ながら運動」をすれば少し時間の節約にもなるかもと思いましたが、こちらも結局断念しました。

その理由としては、下の子がまだ2歳と小さく、不意にエアロバイクに乗ったり倒したりして怪我をするリスクが懸念されたからです。

エアロバイクを普段はしまっておいて、使う時だけ出してまたしまって…とやれなくはないですが、多分その内面倒になってやめてしまいそうだなあと。

ただ、数年も経てば事情も大分変わるので、その時には選択肢に入るかもしれません。

◎スマホの無料アプリ「3分フィットネス」は医師にもお勧め!

医師にお勧めの3分フィットネス

このように色々と検討した結果、うちの場合はスマホの無料アプリ3分フィットネス」というものを利用して運動することにしました!

このアプリは名前の通り「1日3分の運動」をサポートしてくれるもので、累計約600万DLされている人気アプリのようです。

(*正確には「30秒の運動を6種類」する合間に「20秒ずつ休憩」を挟むので、計5分くらいかかります。)

◎「3分フィットネス」の使い方は?

3分フィットネスの運動は「easy」「normal」「hard」「very hard」の4つのレベルから選ぶことができ、レベル毎に運動の内容、強度が異なります。

「easy」はストレッチみたいなものですが、「normal」では軽い腹筋のような簡単な運動が入ってきて、「hard」はちょっとした筋トレみたいになってきます。

「very hard」は手を出したことがないですが、「片手腕立て伏せ」等もあるようで、まだ無理そうですね…いつかできるようになるかな?

医師の筋トレ

また、運動を1日何セットやるか、どの部位(全身、上半身、下半身)を鍛えるか、休憩を何秒にするか等も選ぶことができるので、各人の状態によって調整してみてください。

ちなみに僕はレベル「normal」で「休憩15秒」、部位は「全身」で「1日2セット」にしています。これだと1日10分弱で終わるので、お風呂の前にささっとやってます。

◎続けやすさの秘密は…変なおじさん?

3分フィットネスでは、何とも言えないおじさんみたいなキャラがトレーナーとして出てきます。

このおじさん(声ははつらつとした感じ)がアニメーションで運動のやり方を見せてくれたり、「残り15秒!」等と声をかけてくれたりします。

そして1日の運動が終わると「はっはっは~、よくやったな!」みたいに祝福してくれます。

笑顔のおじさん

まあ別になくても良い要素かもしれませんが、無機質な画面で運動するだけでは飽きてしまう可能性もありますし、意外と運動継続に貢献してくれているのかも?

◎1日3分の運動で運動不足解消の効果があるのか?

3分フィットネス」は3分で終わる手軽さが売りの1つではありますが、「たった3分で運動不足解消になるの?」と思われるかもしれません。

確かに本格的な運動不足の解消を目指すには少々物足りないかもしれませんが、慣れてセット数を増やせば5分、10分と時間を延ばしていくこともできます。

また、3分フィットネスそのものの効果と言うよりも、「短時間でも定期的に運動する習慣を作る」こと自体も大事だと思います。

定期的に運動していれば自然と自身の健康にも気を遣う生活になりますしね。

健康的な医師

僕も3分フィットネスを始めてから自然と間食が減ったり、体重をちょくちょく測ったりするようになりました。

また、ちょっとした運動を続けることで「もっと他の運動もトライしてみたい」と新たな興味や意欲が湧いてくることもあるかもしれません。

一番避けるべきなのは、「短時間では運動しても意味がない」から「全くやらない」、みたいに変に完璧主義っぽくなることかなと思います(かつての自分もこうでした)。

◎おわりに

運動不足になりがちな医師の方にお勧めの運動についてまとめてみました。

忙しい中で運動を続けるのは最初は難しいかもしれませんが、「継続は力なり」と言いますし、少しずつでも続けることが大事であることを意識していきましょう!

なお、現在の仕事があまりに多忙で「1日数分の運動をする体力や時間的余裕すらない」という方は…ちょっと働き方に無理があるのではないでしょうか。

そういう方には大事なご自身の健康のためにも転職を検討することをお勧めします。

医師転職サイトを利用(無料)すれば「週4日勤務」「当直なし」等の好みに合った条件の求人がいくらでも見つかるはずですよ。

お勧めの医師転職サイトや医局の辞め方等は下記記事でも紹介していますので、体を壊す前に是非利用してみてくださいね!