医師にお勧めの資産運用

医師に不動産投資をお勧めしない理由【他人の失敗から学ぶ】

医師におすすめできない不動産投資

◎医師に不動産投資はおすすめできません!

当ブログご覧の医師の方は不動産投資に興味がありますか?

確かに不動産投資は「医師におすすめの副業」や「不労所得」等として紹介されることも多いようです。

また、「マンションを買って節税しませんか?」等と業者に声をかけられたことのある方も少なくないかもしれません。

ただ、一応僕も「50歳までに不労所得生活(配当金400万円/年)の実現」を目指して資産形成をしている身ですが、個人的には「不動産投資はおすすめ」とは言い難いですね…

続きを読む

不労所得生活を目指す医師の投資成績を全公開!【2020年3月版】

医師の不労所得生活実践

◎不労所得生活を目指す医師の投資内容をブログで完全公開!

こんにちは。医師の「はぴえすた」です。

自分は30代後半の勤務医ですが、「50歳からの不労所得生活(主に株の配当金による)」を目指して資産形成をしています。

不労所得生活のためには年間の配当金が税引き前で400万円(税引き後で約320万円/年→約26.7万円/月)程度欲しいところなんですよね。

そして年間の配当金を400万円受け取るために必要な元手は1億円程度と考えています(配当金の利回りを税引き前4%で計算。ちなみに現在の資産額は約2000万円)。

(*配当金や利回りの計算等に関しては医者の失業への備え-不労所得で生活するための具体的な方法のページも参考にしてください)

ということで、当ブログ記事では50歳までに不労所得生活(年間で400万円の配当金受取り)達成を目指す医師が投資の方針や運用成績等を公開しています。

続きを読む

医師の投資実績をブログで全公開!【2020年2月版】

医師の投資実績

◎医師が実践している投資の成績を完全公開!

当ブログをご覧の医師の方は投資や資産運用をしていますか?

もしかすると「投資って何だか怖い…」と不安抵抗感のある方もおられるかもしれませんね。

ただ、投資をせずに現金(日本円)だけに資産を偏らせているのは、インフレ円安リスクに対してあまりに無防備なのでお勧めできません。

(*日本円だけに資産を偏らせるリスクについては医師に資産運用は不要?-誤解しがちな投資の注意点5選-のページも参考にどうぞ)

ちなみに僕は30代後半の男性医師ですが、20代半ばで働き始めた当初は投資の知識など全くなく、30歳過ぎ頃から本格的に投資の勉強と実践を始めました。

これまでに実践してきた投資は株式投資(米国株、日本株)やFX、純金・プラチナ積立、ソーシャルレンディング等、様々です。

続きを読む

若手医師にこそ資産運用が必要な3つの理由+お勧めの投資方法

若手医師に必要な資産運用

◎若手医師にこそ資産運用は必要

若手医師や研修医の皆さんは資産運用をしていますか?

僕は当ブログ記事作成時点で30代後半の医師なのですが、本格的に資産運用を始めたのは30歳を過ぎてからでした。

(現在は貯金以外に毎月25万円を投資に回しています)

そして、資産運用を学ぶにつれて「もっと早く始めておけば良かったなあ」と思うことが多々あります。

(*まあ、30歳過ぎから開始でも遅くはないのですが、欲を言えば医学生~初期研修終了までの間くらいに資産運用の基本的な知識も身に着けておくと後々有利だと思います)

ただ、自分もかつてはそうだったのですが、医師と言うのは投資や金融に関する知識の乏しい人が少なくありません。

日々の仕事も忙しいですし、周りの医師も金融知識がないので誰もお金の話など教えてくれなかったことでしょうしね。

続きを読む